サポートホーム > パフォーマンス > サイトアクセラレーター (旧称 Photon)

サイトアクセラレーター (旧称 Photon)

注意 : 「Photon」はサイトアクセラレーターに組み込まれました。

Jetpack のサイトアクセラレーターを使用すると、Jetpack で画像を最適化し、WordPress.com のサーバーによるグローバルネットワークから画像と静的ファイル (CSS や JavaScript など) を配信する形で、ページの読み込みを高速化できます。

サイトアクセラレーターを有効化する方法

  1. サイトのダッシュボードで、「Jetpack→設定→パフォーマンス」の順に移動します。
  2. 「パフォーマンスおよびスピード」セクションでを有効に切り替えます。

サイトアクセラレーションの仕組み

画像

画像 CDN (旧称 Photon) は、画像の読み込みを加速する画像編集サービスです。つまり、WordPress.com サーバーで画像をホスティングすることで、お客様のサーバーの負荷を軽減し、読者が画像を読み込んで表示する時間を短縮するサービスです。

  • コンテンツをフィルターで絞り込みますが、データベースの情報は変更しません。
  • 現在のところ、投稿やページの画像、アイキャッチ画像、投稿サムネイル (image_downsize フィルターを使用した場合) にのみ機能します。
  • 古い投稿と新しい投稿のどちらにも適用され、簡単に有効化または無効化できます。

静的ファイル

WordPress サーバーからコンテンツ配信ネットワーク (CDN) として配信する WooCommerce、WordPress コア、Jetpack に付属する JavaScript や CSS などの静的アセットを WordPress がホスティングするため、お客様のサーバーにかかる負荷が軽減されます。

  • WordPress の各ページに読み込むアセットの URL をフィルターで処理します。
  • 現在は WordPress コア、Jetpack、WooCommerce で配信されたアセットに対してのみ機能します。テーマやその他のプラグインアセットは、現時点ではサポートされていません。

Q&A

  • サイトアクセラレーターが画像表示に適用する寸法は、どのような方法で決まりますか ?
    img 要素の幅と高さの属性を調べて、この2つの属性、または img 要素を含む要素の幅のどちらか小さいほうのサイズに合わせてサイズを変更した画像を提供します。
  • CDN で生成された HTML に「width」属性と「height」属性を保持する方法はありますか ?
    サイズを変更した画像が元の画像のサイズと異なる場合に画像がゆがまないように、幅と高さの引数が削除されます。この処理は、あるテーマから、それよりも幅の狭い別のテーマに切り替える際に特に重要になります。そのメリットの1つは、テーマでサポートしている幅を超えないよう、自動的に画像のサイズを変更することです。

制限事項

  • キャッシュが無効化されません – 現在、画像は「永久に」キャッシュされ、静的アセットは、使用している公開バージョンの WordPress、Jetpack、WooCommerce に関連付けられます。画像については、画像を「再読み込み」するとき、ファイル名の変更が必要になります。ランダムなクエリー引数を追加する方法は、ごく一般的なキャッシュ削除法ですが、ここでは使用できません。
  • 画像を消去する必要がある場合は、ご連絡ください。サイトに表示されるその画像ファイルへのダイレクトリンクをお知らせいただければ、WordPress.com が画像を消去します。画像ファイルのダイレクトリンクは、i0.wp.comi1.wp.comi2.wp.com のいずれかで始まるリンクです。
  • WordPress.com では、ポート80 (HTTP の場合) とポート443 (HTTPS の場合) をリッスンするサーバーからのみ、gif、png、jpg 形式の画像を取得し、サイズを調整して表示します。これは世界中の Web サーバーのほぼすべてに当てはまります。問題が発生した場合は、jetpack_photon_reject_https フィルターをお試しください。
  • 画像が「拡大」されるケースは、ほとんどありません。元の幅が 1000px の画像を幅 5000px に拡大するよう依頼しても、WordPress では元の 1000px 幅の画像が使用されます。拡大画像は通常、品質が低く、WordPress は画質の問題を回避する必要があります。
  • サーバーから WordPress の CDN への画像読み込みが10秒以内に完了しないと、アップロードはタイムアウトします。この場合、画像は破損して表示されます。この問題が発生したら、ファイルのサイズを小さくして別の名前を付けた上で、画像のアップロードをもう一度お試しください。

テーマとプラグインでも、GET クエリー引数を指定した Photon API を使用して画像を変換できます。開発者の方は、developer.wordpress.com で Photon API のサンプルとドキュメンテーションを参照してください。

この手段を使用できるのは、WordPress.com でホストされているサイト、または Jetpack 連携 WordPress サイトのみです。別のプラットフォームに移行した場合、またはサイトから Jetpack 連携を解除した場合は、画像サービスも切り替えてください。Jetpack を悪用したり、WordPress.com の利用規約に違反したりすると、サイトで WordPress.com 提携サービスを使用できなくなります。

トラブルシューティングのヒント

サイトアクセラレーターを有効化したところ、画像が表示されなくなりました

  • まず、 お使いの Jetpack 接続が正常に機能していることを確認してください。
  • 次に、サイトアクセラレーターと競合するプラグインが同じサイトにインストールされている可能性があります。Jetpack 以外のプラグインをすべて無効にしてから、もう一度画像を確認してみてください。画像が適切に表示された場合は、ほかのプラグインが干渉していることがわかります。プラグインを1つずつ有効化し、1つ有効化するたびに画像を確認していくと、干渉しているプラグインを特定できます。
  • ほかのプラグインを無効化しても画像が乱れている場合、テーマが適合していない可能性があります。この点をテストするには、Twenty Seventeen など、デフォルトテーマのいずれかに切り替える方法があります。 問題が解決した場合は、テーマに問題があるとわかるため、その先のサポートについてはテーマの作成者に問い合わせる必要があります。
  • その後もサイトアクセラレーターが正常に機能しない場合は、WordPress にお問い合わせください

プライバシーに関する情報

この機能はデフォルトでは無効化されています。この機能を無効化する必要が生じた場合は、ダッシュボードで 「Jetpack」、「設定」、「パフォーマンス」の順に移動し、「パフォーマンスおよびスピード」セクションの下で、この機能を「オフ」に切り替えます。

使用されるデータ
サイト所有者またはユーザー

この機能の配信で EXIF データが積極的に使用されることはありませんが、サイトにアップロードする画像のいずれかに EXIF データが含まれる場合があります (その場合、サイト訪問者の情報にアクセス可能になります)。さらに、アクティビティのトラッキングには、以下のデータが使用されます (以下を参照)。IP アドレス、WordPress.com ユーザー ID、WordPress.com ユーザー名、WordPress.com 連携サイトの ID と URL、Jetpack のバージョン、ユーザーエージェント、訪問中の URL、リファラー URL、イベントのタイムスタンプ、ブラウザーの言語、国コード。

サイト訪問者

なし。

トラッキングされるアクティビティ
サイト所有者またはユーザー

機能がいつ、どのユーザーによって有効化および無効化されたかをトラッキングします。

サイト訪問者

なし。

同期対象データ (続きを読む)
サイト所有者またはユーザー

機能が有効化されているかどうかを識別する単一のオプションを同期します。

サイト訪問者

なし。

  • 目次

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    ヘルプが必要な場合はお問い合わせください (現在英語のみ)。