共有

このページではブログ記事に「共有」ボタンを追加する方法について解説します。読者がコンテンツを簡単に Twitter やFacebook などさまざまなサービスで共有することで、あなたのメッセージを Web 中に広げられるようになります。

Sharing Buttons

Jetpack 共有機能を使用すると、読者に各記事またはページ下部からコンテンツを SNS などに投稿できるツールが提供できます。追加するには4つの簡単なステップに従うだけです。

  1. サイトのダッシュボードの「設定 →共有」画面に移動します。
  2. 「共有ボタン」から利用したいサービスをドラッグし、「有効化済みのサービス」エリアにドロップします。
  3. お好みのボタンのスタイルと表示させたい場所を選択します。
  4. 保存します。

さらに詳しく知りたい方は続きをお読みください。

以下は、共有機能の魅力を紹介する短い動画です。

共有サービスの追加はシンプルで、ボタンをドラッグするだけです。サービスのアイコンやテキスト、またはその両方を表示する設定を行うことができます。

一部のサービスには、記事が共有された回数がリアルタイムで分かる「公式」ボタンを表示させるオプションがあります。

共有設定

現在以下のサービスに対応しています。

  • Twitter
  • Facebook
  • Tumblr
  • Google+
  • Pinterest
  • Digg
  • Stumbleupon
  • Reddit
  • Pocket
  • LinkedIn
  • Press This (マルチサイトネットワーク内のサイトのみで利用可能)
  • メール
  • 印刷

共有ボタンの表示位置を変更するには ?

共有ボタンはデフォルトでは投稿コンテンツの下に表示されますが、コンテンツの上など他の位置に移動したい場合もあるかもしれません。やり方についてはこちらのチュートリアル (英語) をご覧ください。

カスタム共有ボタンを自作するには ?

「新サービスを追加」リンクをクリックするとカスタムサービスを追加できます。その後、サービス名、URL、アイコン (表示させたい場合) の情報を入力できます。

カスタムサービスの詳しい設定方法については、共有機能のサポートドキュメントを参照してください。

メール共有ボタンに Captcha を追加するには ?

メールボタンだけでも十分便利ですが、送信フォームに Captcha を追加することでさらに機能を向上できます。

reCaptcha for Jetpack

Captcha を追加するには、このチュートリアル (英語) の手順に従ってください。

Jetpack デフォルトの共有機能向け CSS と JavaScript ファイルの代わりに独自のリソースを使うには ?

共有モジュールには上級者向けオプションが含まれており、Jetpack がデフォルトで追加するファイルの代わりに独自の CSS や JavaScript を使うことができます。オプションを活用する方法について詳しくはこのチュートリアル (英語) をご覧ください。

Twitter ボタンで送信されたツイートに “via @username” を追加するには ?

ツイートの最後に Twitter アカウントを追加するには2つの方法があります。

  • 「設定 → 共有」画面の「Twitter サイトタグ」オプションに入力する。
  • パブリサイズモジュールを使って Twitter アカウントに連携している場合、このアカウントが共有ボタンにも使われます。
  • 目次

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    ヘルプが必要な場合はお問い合わせください (現在英語のみ)。