サポートホーム > スタートガイド > Jetpack のインストール

Jetpack のインストール

Jetpack のインストールで最も簡単なのは、サイトのダッシュボードから行う方法です。以下の手順に従って Jetpack をインストールし、連携を行ってください。

  1. サイトのダッシュボードにログインします (例: example.com/wp-admin) 。
  2. 左パネルの「プラグイン」タブをクリックし、「新規追加」をクリックします。
  3. 「Jetpack」を検索すると、検索結果の一番上に最新バージョンが表示されます。
  4. 「いますぐインストール」をクリックしてインストールします。
  5. インストールが完了したら「プラグインの有効化」をクリックします。
  6. サイドバーメニューから「Jetpack」画面に移動し、「アカウントを WordPress.com に連携」と書かれた緑のボタンをクリックします。
  7. ご自身の WordPress.com アカウントにログイン (または新しいアカウントを作成) し、「Jetpack を認証」をクリックします。
  8. これで完了です。

トラブルシューティング

  • ダッシュボードで「プラグイン」メニューが見つからない場合、サイトが WordPress.com 上にあるのかもしれません。Jetpack の機能はすでにサイトに組み込まれていますので、インストールの必要はありません。
  • マルチサイトとしてインストールしている場合、ネットワーク内の各サイトは Jetpack と個別に連携する必要があることにご注意ください。サイトの管理者は誰でも連携を行うことができ、各サイトに別々のローカルユーザーや WordPress.com ユーザーが連携を行う必要はありません。
  • Jetpack の動作環境
  • 初期設定後のステップ
  • ヘルプが必要な場合

Jetpack の動作環境

Jetpack の動作に必要なものは以下のとおりです。

  • 最新バージョンの WordPress。2.7以前のバージョンをお使いの場合、 WordPress のダッシュボードに更新を促す通知が表示されます。リンクをクリックして説明に従い、最新バージョンに更新しましょう。さらに古いバージョンをお使いの方や手動操作で更新したい方は、WordPress.org のダウンロードページから最新バージョンをダウンロードすることもできます。
  • PHP 5を使用したホスト。Jetpack には WordPress の動作に必要なサーバーの環境が要求されます。
  • WordPress.com のアカウント。こちらで新規登録できます。
  • 認証の必要なく公開アクセスが可能なサイト。
  • XML-RPC が有効化されており、公開アクセスが可能な状態であること。
  • 以前の WordPress.com・Automattic プラグイン (例: WordPress.com Stats、After the Deadline、Custom CSS) は Jetpack をインストールする前に無効化してください。

初期設定後のステップ

WordPress.com アカウントとの連携に成功したら、 Jetpack のほとんどの機能は自動的に動作します。デフォルトで有効化されていない機能は「設定」タブから操作できます。機能名にマウスオーバーし、「有効化」リンクをクリックしてください。

機能の詳細説明は、機能名をクリックすると表示されます。

ヘルプが必要な場合

Jetpack および含まれるモジュールに何か問題がある場合は以下を参考にしてください。

  • 目次

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    ヘルプが必要な場合はお問い合わせください (現在英語のみ)。